投稿

5月, 2022の投稿を表示しています

Q&A 小さな頃から霊が見えます。この能力を人の役に立てたいと思っています が、どうしたらいいですか?

イメージ
見えているものは本当に霊でしょうか?  人は物事を見たい様に見るものです。ただの壁のシミが人の顔に見えたりすることだってあります。  現在と違い土葬が主流だった時代は、墓の中のご遺体から発生する気体がプラズマ化したり、空気中のオゾンと反応したりして発火現象が起きることがありました。墓場に行って火の玉の目撃体験をした人も少なくないようです。当時の人はこの火の玉を亡くなった人の魂だと言っていたものです。  さらに、目の中の細胞が新陳代謝する時に、光のようなものやモヤのようなものが、見ている景色の中に紛れ込んでくることもあります。            質問者様が見ているものはもしかして 錯覚 かもしれませんし、あるいは 現代科学的に説明がつく現象かも知れません。  雰囲気を感じているだけではありませんか?    この店は感じが良い、あの公園はなんか殺伐としている、あそこの山に行くとリフレッシュできる、というような会話を私たちは普通にしています。同じように人に対しても、横柄な感じ、理屈っぽそう、オタクっぽい、穏やかそうな感じ、優しそう、誠実そう、というようにその人から出ている雰囲気を感じ取っています。 人は物事を見たいように見る上に、 その場の雰囲気も視覚に大きく影響しているのです。  まれに雰囲気を強く、もっと具体的に感じ取ることができる人もいらっしゃいます。そういった方はその場に残存している雰囲気を感じとって、その当時の状況を再見できたりもします。 しかしこの能力は雰囲気を感じているという範疇の中にありますので、 いわゆる霊を認知している訳ではありません。    質問者様が本当に霊を見ているのか、単に雰囲気を感じているだけなのかの区別は、次に示すように、正しい手順を踏んで熟達した霊媒に鑑別してもらうのがよろしいと思います。 見えているものが本物の霊だとしたら…  その能力をどなたか人の役に立てたいと思う気持ちは大切だと思います。ただしそこに 自己利益の追求 とか、 自己実現欲求の達成 のため、という動機があったら 本当の意味で役に立つ事はできない でしょう。  英国スピリチュアリズムが説く霊能者(霊媒)の基本的な立ち位置として 「霊媒は霊界の道具である」 というものがあります。 純粋に誰か人の役に立ちたいという思いが、共感を引き起こす霊の関心を惹いて、その霊が