シッティング



シッティングとは

シッティングとは英国スピリチュアリズムの範疇で使われている言葉です。日本流に言うとスピリチュアルカウンセリングと言われることがあります。霊界の住人とのコミュニケーションをミディアム(霊媒)が取り持つことです。

シッティングの中でもクライアント(お客様、ご依頼者様)とそのガイドスピリットとのコミュニケーションを取り持つ事をスピリチュアルアセスメント(霊的査定)と言っています。

スピリチュアルアセスメントでは、あなたの魂は本当は何を望んでいるのか、どういう人生設計をしてきているのか、問題の本質的な原因は何なのか、この先どのようにしていくのがベストなのかというような、あなたの内面のより深い部分について扱います。

セッション中、あなたとコミュニケーションをとりたいガイドスピリットが接近してきますので、その方からのメッセージをお伝えします。

いわゆる降霊術とか口寄せと呼ばれるような特定のスピリットを指定したり、ご身内霊とコンタクトすることではありません。セッションの主導権はスピリット側にあり、あなたにメッセージを伝えたいと熱望するスピリットが現れます。ミディアムはあくまでもスピリットの通訳であります。

ガイドスピリットからのメッセージは将来に向けての生きる希望をもたらしたり、新たな目標を提示してくれることでしょう。


会場

シッティングは下記会場で受けることができます。





セッションの受け方

  1. セッション会場には遅くともお約束時間の15分前には到着され、気持ちを整える時間をお持ちください。飛び込みセッションでは所期の成果が得られない場合がございます。セッション時間内にご到着されなかった場合は、当日キャンセルとみなさせていただきます。
  2. 他の方のセッション中はお静かにお待ちください。
  3. セッション前に携帯電話などは着信音やバイブレーションが作動しないように設定をお願いします。
  4. セッションは録音可能です。録音希望の方は録音の準備をしてセッションルームにお入りください(録音機器はご自身でご用意ください)。
  5. セッション中、並びにセッションルーム内の撮影、録画はご遠慮下さい。
  6. セッションはできるだけリラックス、そしてオープンマインドでおのぞみください。
  7. メモを取る行為はスピリットとのリンクの障害になる場合がありますのでおやめ下さい。セッションの内容については録音でご確認ください。
  8. ご質問等はセッションの最後にお願いしております。

その他ご注意いただきたいこと

  1. 録音は個人での再確認の用途に限る事とし、第三者に開示や公開しないとお約束していただいたものとみなします。
  2. セッションを行なう者(ミディアム)は、非常に微細なエネルギーを読み取ることに集中しておりますので、その内容を逐一記憶しておりません。したがいまして、記録のやり直しのためにセッションをさかのぼって戻るようなことは出来かねます。同様の理由で、後日「あの時のあれは…」と確認を求められましても、お答えできないというのが実情ですのでご了承ください。
  3. ミディアムは Fortune teller(占い師)ではありませんので、物事の吉凶や成否、運勢、あなた様以外の鑑定などはお答えできません
  4. お伝えしたメッセージやアドバイスについては、ご自身の自由意志を使い、自己責任の下で判断し活用して下さい。
  5. プライベートシッティングを受けていただける方は、20歳以上で、充分な自己判断能力と自己責任能力のある方とさせていただきます。
  6. したがいまして、既往・治療中を問わず、各種精神疾患や障害、各種脳機能疾患や障害、依存物質中毒の方などのお申し込みはお断りさせていただいております。お申し込みいただいた時点で、これらのご病気や経歴がないものと判断させていただきます。
  7. セッション当日に感染症(インフルエンザ、感染性胃腸炎、はやり目、風邪など)に罹患されている場合は、セッションは行ないませんので至急ご連絡をお願いします。代替日のご相談をさせていただきます。
  8. まことに勝手ながら、お申し込みの受付をご辞退させていただく場合がございます。
  9. また、セッション中の何らかの理由によりセッションを中断せざるを得ない状況が発生する場合がございます。その際はセッション料の全額返金をもって、両者和解とすることをご了承下さい。


こちらのブログ記事もご参考に…

スピリチュアルカウンセリングは他のカウンセリングと何が違うのか?

このブログの人気の投稿

スピリチュアリズムの学び方

スピリチュアルカウンセリングは他のカウンセリングと何が違うのか?

健康で充実した人生を送る方法